遺言書作成

遺言書作成料金とエリアを徹底比較 | 遺言書LEO

遺言書作成を依頼できる弁護士事務所一覧

事務所名

アクセス

料金

備考

ふじ行政書士事務所 東京都大田区 要お問合せ 女性行政書士が相談に乗ってくれるので、女性でも安心。
木田行政書士法務事務所 大阪府大東市 ¥73,500〜 遺言書の原案作成や直筆証書遺言等、完成までサポート。

 

※詳しい料金につきましては各事務所にお問い合わせください。

 

遺言とは?

 

遺言とは、人が自分が死んだ後のために遺した言葉・文書のことを指します。
一般には、「ゆいごん」と呼ばれることが多いです。このうち、死後の法律関係に関する意思表示で
民法上の方式に従って作成された法的に効力のあるものを「いごん」と呼びます。
遺言が記載された文書のことを、遺言書とも呼びます。

 

自分の死後に、自分のメッセージを伝えるというだけなら、手紙を書くだけでよいのです。
たとえば、

 

「妻・子供へ〜 
最後まで愛していた。先立ってしまい申し訳ない。
預金や不動産などの全財産は、すべてお前たちに与える。」

 

などと、書き残す場合です。しかし、これだけでは法的に意味はないのです。
そもそも民法の規定上、妻と子供には相続権があり、
上記のような遺言は何ら効力を持ちません。

 

法的に意味のある遺言を作成しようとする場合、
必ず民法上の規定を守って作成しなければならないのです。

 

※本サイトでは、以下単に遺言という場合、
法的に意味をもたせようとして作成するものを指して用いることとします。

 

では、どのような場合に遺言を作成するのでしょうか。具体例で考えてみましょう。

 

まず、夫A、妻B、Aの弟Cがいたとします。
Aの両親はすでに他界しており、AB間に子供はいません。
Aには不動産・預金など4000万円の財産があります。
この状態で、Aが病気で死亡した場合どのようになるでしょう。

 

民法の規定に定めれらた相続分に従うと、
Bが3000万円、Cが1000万円の遺産を相続できる権利があることになります。
このとき、AとCがあまり仲が良くなく、Bだけに遺産を相続させたいと思うこともあるかもしれません。
このようなときに、民法上の方式に従い、
「Bに遺産全てを相続させる」との内容の遺言を作成するのです。

 

他にも、Aは愛人Dに遺産を与えたい場合もあるかもしれません。
Dは民法上相続人ではありませんが、遺言で財産を与える旨を記載することで、
Dにも財産を与えることができます。

 

もっとも、Bには遺留分(法律で保障された一定割合を取得できる権利)というものがあり、
遺言によってもこれをはく奪することはできません。Dにすべての財産を与えることはできないのです。
詳しくは、「遺言作成の際に要注意!遺留分とは」で説明します。

 

上記から分かるように、遺言作成のためには相続制度や法定された方式など、
法律に関する知識が前提として不可欠です。

作成方法を誤ってしまうと、無効となってしまう危険もあります。
遺言書の作成は、専門家に依頼するのがベターだと言えるでしょう。

 

PR:社長の商標登録

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ